カードキャッシングのやり方

カードキャッシングは契約したカードの限度額内で、自由にお金を借りたり返済したりすることができる金融商品です。限度額は金融機関側の判断によって決められ、借り入れに対して一定の金利が課せられます。金利が利用者側の主な手数料となりますが、金融機関によっては別途取引でATM手数料が発生するところもありますので、利用回数が多くなればATM手数料も大きな金額となることもあります。

カードキャッシングはその名のとおり、カードをATMに挿入し、操作することでお金を借りることができますが、実は他にも借り入れ手段はあります。インターネットからカードローンの会員ページにログインし、振り込みキャッシングの手続きをしたり、電話による振り込みに対応している会社もあります。中にはカードが発行されないカードローンもあり、利用する場合はすべてインターネットを経由して手続きをすることになります。

カードキャッシングでは支払いを引き落とし、ATMからの支払いなど、いくつかの方法を選ぶことができます。途中で随時返済をする場合はいったんリボ払いに変更してからでないと手続きができないものもありますので、カードの仕様に関してはじっくりと読んでおきましょう。いったんリボ払いにしたものは一括払いに変更することはできません。ATM手数料が無料の金融機関と契約している場合は、無理に返済しても借り入れすることができますので、手持ち資金をすべて返済に充てておいたほうが利息負担が減少します。

関連記事